まずは弁護士に相談

不倫されているような状態だと頭も冷静になれないと思いますし、精神的なショックなども大きくてまともに頭も回らないと思います。

そのような状態で相手に不倫慰謝料の請求をしたところでとぼけられてしまったり、うやむやにされてしまう恐れもあるでしょう。

こうした不倫慰謝料の問題は弁護士に相談することで問題の解決を図ることが可能です。

慰謝料請求は弁護士の得意分野でもありますから、慰謝料請求ができるケースならしっかりとこちらの相談に乗ってくれるでしょう。請求できるかどうかわからない、といったケースにおいても弁護士は相談に乗ってくれます。

弁護士は法律知識が商売道具ですし、それを駆使することでビジネスを行っています。請求可能か不可能かもきちんと判断してくれるでしょうし、正式に依頼することで適切な額の慰謝料を請求してくれるでしょう。

慰謝料にも相場がありますし、このようなケースだとどれくらいの金額、ということもしっかり計算してくれるはずです。

慰謝料や不倫問題に強い弁護士もたくさんいますから、まずはそのような弁護士を見つけて相談してみることが先決でしょう。自分で交渉しようとしても失敗してしまうことが多いですから弁護士への相談はマストです。

→請求できるケース