請求できるケース

不倫されたら慰謝料の請求ができる、という話は多くの方が聞いたことがあるでしょうし、それが当たり前だと思っている方も少なくないでしょう。

しかし、最初にお伝えしたように不倫でも慰謝料請求できるケースとできないケースがありますから注意が必要です。では、慰謝料を請求できる場合とはどういうケースなのかということですが、基本的には不倫相手に故意・過失があることが前提となります。

また、不貞行為によって権利の侵害を受けたことも大前提となってきますから覚えておきましょう。故意や過失とはどういったことかというと、既婚者であるという事実を知ったうえで関係を持ったといったケースでは故意や過失が認められます。

結婚して家庭があることを知ったうえでの不倫は故意であり過失があるということになるのです。逆に、お互いの素性をまったく知らずに肉体関係を持ってしまった、というようなケースだと故意や過失が認められないため慰謝料を請求できないことがほとんどです。

また、不倫によって円満だった夫婦関係が破綻してしまった、というような場合だと権利の侵害を受けたということで慰謝料を請求することができます。

故意と過失、権利の侵害があれば請求可能ということですね。

→まずは弁護士に相談